最新ニュース - クアルテックジャパンコンサルティング株式会社

医療機器の法規制対応はクアルテックジャパンコンサルティング 

CFDA, TFDA, HSA, MDA, MDCO, PFDA, MOH, Thai FDA, CE mark

〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目12-19

TEL&FAX 06-6568-9551

info@qualtech.co.jp

fb ld

最新ニュース LATEST NEWS

Medtec Japan 2018 医療機器の製造・開発展示会に出展します

カテゴリ: お知らせ 作成日:2018年02月05日(月)

弊社は来る2018年4月18日から20日まで開催されるMEDTEC Japan 2018に出展いたします。

 

MEDTEC Japan 2018の詳細

 

日時:2018年4月18日~20日 午前10時~午後5時

場所:東京ビッグサイト

 

是非弊社ブースへお立ち寄りください。

 

ブースでのお打ち合わせも可能です。

事前登録は候補日時を このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 までお気軽にご連絡ください。

 

MEDTEC2018 bunner 2 J high

各国薬事・製品登録の比較表 - ディストリビューター、現地法人、第三者のメリットとデメリット

カテゴリ: お知らせ 作成日:2018年01月30日(火)

現地代理店から第三者へ、現地法人から第三者へ製品登録や代理人を変更する際のメリット・デメリットを一覧表にまとめました。

 

薬事申請比較表_メリットとデメリット.pdf

 

全ての企業様に適用されるわけではありませんが、例えば欧米企業は”情報管理面”で弊社のような第三者を使って製品登録、現地法定代理人サービスを利用するのが一般的です。

 

貴社が主導権を持ったマーケティングと営業活動を行う為、弊社は製品登録と現地法定代理人サービスで海外売上アップに貢献いたします。

 

ディストリビューターご紹介 (台湾、タイ、シンガポール)

カテゴリ: お知らせ 作成日:2018年01月26日(金)

弊社1月号のMonthly Magazineでもご案内いたしました通り、タイとシンガポールにも拠点を置く台湾本社のディストリビューターのご紹介が可能です。

ご希望の企業様は下記の情報をメールにてご連絡ください。

 

1.企業情報(英語)ホームページ可

2.輸出対象製品情報(英語)ホームページ可

3.台湾、タイ、シンガポールへの輸出実績

4.輸出対象製品に対する欧州CEマークの有無、ISO13485の有無

 

対応製品:

※美容機器 Aesthetic medicine, Hyaluronic acid fillers, Cosmetic laser

※泌尿器科 Urology surgery, Electrosurgical, laser

※AED Defibrillator monitor

※HIFU関連機器 Uterine fibroids treatment, Thyroid nodules treatment

 

企業:

台湾本社、台湾TFDA GMP、ISO13485認証取得企業

中国 CFDA登録向け国内型式試験サービスを開始

カテゴリ: 中国 作成日:2018年01月24日(水)

昨日のメールマガジンにてご案内いたしました通り、中国CFDA登録で求められる現地型式試験の国内対応サービスを開始いたしました。

 

型式試験では安全、EMC、性能試験が求められますが、この度ヨーロッパの企業様で立会試験対応が無事完了し、日本の企業様へも正式にご案内させていただくことになりました。

 

但し日本国内での試験対応が可能な機器は輸送が困難な大型装置、移動が困難な機器、永久据え置き型機器、特殊な測定器が必要な機器等に限定されます。

※貴社の装置が対応可能かどうかについては、お気軽に弊社までお問い合わせください

 

国内型式試験サービスでは、中国試験センターの試験担当官を日本に招き、中国CFDA登録向けの立会試験を実施いたします。

来日いただくまで約4~6ヶ月の期間が必要となり、EMC試験からスタートし性能試験、安全試験へと進めます。

ヨーロッパのメーカー様では2週間で全ての試験を完了させました。

 

試験対応で中国展開を諦めておられた企業様は是非お気軽にお問い合わせください。

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

インドネシア "MOH製品登録までの流れ" を更新しました

カテゴリ: インドネシア 作成日:2018年01月18日(木)

標準審査期間も大幅に短縮されました。

インドネシア市場へのマーケットアクセスはクアルテックにお任せください。

 

インドネシア MOH製品登録までの流れ

インドネシア 製品登録審査 MOHからの照会事項に対する回答は一回のみへ変更

カテゴリ: インドネシア 作成日:2018年01月15日(月)

インドネシアの製品登録ではこれまで当局の照会事項に対し2回の回答の機会がございました。

 

先週金曜のMOHのセミナーでは、今後当局の照会事項に対する回答は原則1回のみ、10日以内となりより厳しくなっています。

※クラスDの製品は15日以内

 

各国の製品登録申請では、申請準備がスムーズな登録への成功へとつながります。

弊社のサービス価値は申請資料の品質です。製品登録の遅れ、販売機会のロス等々を最小限にするためにも、是非弊社の製品登録サービスをご検討ください。

マレーシア 医療機器庁 Medical Device Authorityは医療機器の登録期限の延期を発表

カテゴリ: マレーシア 作成日:2018年01月09日(火)

マレーシアMDAは当初2017年12月31日を期限とした法令737号を2017年7月25日に発行していました。

 

今回の延期発表により、現在も登録がペンディング中の医療機器については、"Letter of Acknowledgment Receipt of Application for Medical Device Registration under Medical Device Act 2012(Act 737)" での販売継続が新たな期限として設定された2018年6月30日まで可能となります。

 

但し、2016年6月30日までに申請を行った事業者の申請に限定されます。

また、MDAはこれ以上の延期は無いとしています。

 

弊社では本通知の詳細内容をMonthlyLetterにおいてもご案内いたします。

ご登録は無料です。また、原文の英訳文書のご提供も可能です。

 

ベトナム 保健省はクラスB、C、D品の製品登録を2019年1月1日以降強制へ

カテゴリ: ベトナム 作成日:2018年01月04日(木)

弊社は年末にベトナムMoH(保健省)へコンタクトし、新規制の強制化が2019年1月以降に延期となることを確認いたしました。

 

MoHの通知原文

 

これはクラスB、C、Dに分類される医療機器に対し、旧の規制(Decree No.30)を2018年12月31日まで適用可=現行の輸入ライセンスで輸入可能となります。

 

クラスB、C、D品の申請受付時期が遅れていましたので、1年の猶予が設定されました。

クラスC、Dは今月から受付開始(オンライン)となります。

 

クアルテックはベトナムオフィスを開設し製品登録サービスを開始いたしました。

アジア、アセアン市場へのマーケット・アクセスは実績と経験のクアルテックまでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

年末年始の営業について(冬期休暇 2017/12/29-2018/1/3)

カテゴリ: お知らせ 作成日:2017年12月27日(水)

弊社の年末年始の営業時間は下記の通りです。

 

2017年12月28日(木)まで通常営業

2018年1月4日(木)より通常営業

 

本年はインドネシアオフィスのIPAK正式登録、日本法人の設立、そしてベトナムオフィスの開設と皆様の海外展開をローカルで直接お手伝い出来る準備が加速した年となりました。

 

日本法人は現地スタッフを日本に迎え、より一層スムーズなコミュニケーションで様々な課題をタイムリーに解決しお客様の海外展開、売上アップに貢献して参ります。

 

どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

 

クアルテック・ジャパン・コンサルティング株式会社

代表取締役 張 印本

      村山 剛

アジア規制トレーニングコース in 北京のご案内 2018年1月12日(金)

カテゴリ: セミナー・勉強会 作成日:2017年12月21日(木)

”Asia Regulatory Training Course” は2011年からAsia Regulatory Professional Association (ARPA) と弊社が共同で企画しています。

 

2018年1月12日(金)北京のSchool of Biological Science and Medical Engineeringにて開催され、今回は中国CMDEセンターから講師をお招きいたします。

 

プログラム詳細は下記をご確認ください。

Global_Medical_Device_Regulation_UpdatePractice_at_BUAA_Beijing.pdf