最新ニュース - クアルテックジャパンコンサルティング株式会社

医療機器の法規制対応はクアルテックジャパンコンサルティング 

NMPA, TFDA, HSA, MDA, MDD, PFDA, MOH, Thai FDA, CE mark

〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀3丁目9-21 理工ビル

TEL&FAX 06-6568-9551

inquiry@qualtech.co.jp

fb ld

最新ニュース LATEST NEWS

オーストラリア 医療機器規制ウェビナーのお知らせ 2021年10月22日

カテゴリ: セミナー・勉強会 作成日:2021年10月04日(月)

弊社は来たる10月22日、日本時間の午後5時よりオーストラリア医療機器規制についてのウェビナーを開催いたします。

アジェンダ等は下記のウェビナー案内をご確認ください。

 

オーストラリア ウェビナー.pdf

 

スクリーンショット 2021-10-04 22.08.03.png

台湾 TFDAへの製品登録 照会事項に対する回答期限の変更について

カテゴリ: 台湾 作成日:2021年10月01日(金)

台湾TFDAへの製品登録につき、回答期間に変更がありましたので、ご案内申し上げます。

 

<変更前>

第一回目の指摘事項に対する回答期限

2ヶ月+1ヶ月の延長可能

 

<変更後>

3ヶ月(延長なし)

 

台湾TFDA登録の流れ

 

尚、QSD許可に対する変更はございません。

台湾 TFDA 医療機器管理法による不具合報告と回収の情報

カテゴリ: 台湾 作成日:2021年08月11日(水)

TFDAは安全不具合報告と回収手順をQSD申請で要求して参りますがその英語版の規制を先週発表しましたので、下記のリンクよりご確認ください。

 

 

  1. Regulations for Medical Device Recalls

https://law.moj.gov.tw/ENG/LawClass/LawAll.aspx?pcode=L0030126

 

  1. Regulations for TF of Medical Devices

https://law.moj.gov.tw/ENG/LawClass/LawAll.aspx?pcode=L0030124

台湾 医療機器管理法(MDA)によるQSD許可の見直しについて

カテゴリ: 台湾 作成日:2021年08月04日(水)

去る2021年5月1日よりスタートしました台湾の医療機器管理法(MDA: Medical Device Act)について、QSD許可の運用改定に伴いこれまでQSDが不要であった製造業者・製造所様において、QSDが求められる可能性がございます。

 

下記はMDAの該当条項となります。

 

1) MDA Article 10

"medical device manufacturers" who engaging in the design of medical devices and marketing the devices under their name.

(参考訳)Medical Device Manufacturer とは医療機器の設計に従事し⾃らの名前で機器を製造販売するもの

2) MDA Article 22

Medical device manufacturers shall establish a medical device quality management system in accordance with the provisions of the regulations set forth in the preceding paragraph, and the manufacture may only begin after receiving a compliance inspection by the central competent authority and obtaining a manufacturing license. (manufacturing license = QSD)

(参考訳)Medical Device Manufacturer は品質マネジメントシステムを確⽴し、中央管轄当局より検査を受け製造許可 (QSD)を受けた後、製造活動が⾏えるものとする

 

これまで、製造所のみのQSDで製品登録を持っておられた製造販売業者様は、上記第10条、22条では製造販売業者がMedical Device Manufacturerに該当いたしますので、新法下ではQSD許可が求められる可能性があり、製品登録の維持(新規申請や更新申請)に影響があるため注意が必要です。

ベトナム 輸入許可の有効期限を更に延長の予定

カテゴリ: ベトナム 作成日:2021年07月02日(金)

本日のOMETA様のセミナーでもご案内させていただきましたが、旧法下(Circular No. 30/2015)で 2018, 2019, 2020, 2021年に発行された輸入許可の有効期限が2021年12月31日から更に1年、2022年12月31日へ延長となる"予定”となっています。

 

本日のセミナー時点では確定ではございませんが、確定となりましたら改めてご案内申し上げます。

 

スクリーンショット 2021 07 02 15.06.19

OMETA医療機器規制勉強会開催のお知らせ 2021年7月2日(金)

カテゴリ: セミナー・勉強会 作成日:2021年06月06日(日)

昨年に引き続き来る7月2日(金)にウェビナーを開催いたします。

 

内容

1)ASEAN(タイ、フィリピン、ベトナム)の医療機器規制のアップデート

2)MDRの最新動向

3)厚生労働省医療機器証明書の発給申請手続きについて

 

詳細は下記よりご確認ください。

 

OMETA_Qualtech_Webinar_2021.pdf

オンラインセミナーのご案内 イギリスEU脱離後の医療機器規制の展望について

カテゴリ: セミナー・勉強会 作成日:2021年06月03日(木)

オンラインセミナーのご案内:イギリスEU脱離後の医療機器規制の展望

この度、イギリスにおけるEU脱離後の医療機器規制の展望についてオンラインセミナーを開催する運びとなりました。

イギリスのUKCAマーキングへの移行だけでなく、地政学的な側面から見た薬事規制について解説致します。

参加をご希望の方はこちらからご登録ください。

セミナー開催日時

2021年6月10日(木)日本時間5:00 pm~ 6:00 pm

*セミナーは英語で行われます。

*参加費は無料です。

当日のスピーカー

Hasnaa FATEHI

ライフサイエンス博士号取得・QARALOGIC Consulting Incの設立者。

アメリカFDA(510k)、CEマーク、ヘルスカナダ、UKCAの薬事申請、

その他にISO 13485:2016、 FDA 21 CFR 820、MDSAPなどが専門分野。

台湾 TFDA 登録済UDIの検索データベース

カテゴリ: 台湾 作成日:2021年06月02日(水)

台湾におけるUDI登録は既にクラスIIIのインプラント製品から強制化されています。

登録された医療機器の検索データベースは下記となります。

 

検索ボックスへキーワードを入力することで登録の有無を確認できますので、ご活用下さい。

 

UDI検索サイト

 

2021 06 01

経済産業省 【アウトバウンドに関する取組 医療国際展開カントリーレポート】

カテゴリ: お知らせ 作成日:2021年05月12日(水)

医療・介護の国際展開支援の一貫として、経済産業省のホームページに各国の医療国際展開に有用なカントリーレポートが掲載されています。

 

今年度の最新版について、弊社にて「インドネシア、タイ、中国、フィリピン、ベトナム、マレーシア、ロシア」の医療機器規制に関する内容を更新させていただきましたので、是非、ご活用ください。

 

https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/iryou/outbound/activity/country_report.html

 

 

台湾 TFDA クラス1(第一類) 機器のQSD登録について

カテゴリ: 台湾 作成日:2021年05月10日(月)

ステップ1:QSDが必要となるクラス1機器かどうかの確認を行います。

 

<QSD免除のクラスI機器リスト> ドラフト版

https://join.gov.tw/policies/detail/031ff874-a640-4c68-9ff3-c3d6fa1e46fe

 

Exempt List.pdf

 

ステップ2:上記のリストに含まれないクラス1機器はQSDが必要となります。

今回、Essentialモード(迅速審査)によるQSD申請が新たに追加されました。

Essential モードでQSD申請が可能なクラスI機器リストは下記から確認してください。

Non-exempted.PDF

 

※QSDは通常TFDAが指定する外部の審査機関によって審査されますが、Essentialモードの場合、TFDAが直接審査します。

※上記のリストに含まれないクラスI機器のQSDはJapanモード、又はFull モードでの申請が必要です。