最新ニュース - クアルテックジャパンコンサルティング株式会社

医療機器の法規制対応はクアルテックジャパンコンサルティング 

CFDA, TFDA, HSA, MDA, MDCO, PFDA, MOH, Thai FDA, CE mark

〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目12-19

TEL&FAX 06-6568-9551

info@qualtech.co.jp

fb ld

最新ニュース LATEST NEWS

クアルテック  ニュースレター4月号配信

カテゴリ: お知らせ 作成日:2019年04月23日(火)

弊社では毎月アジア・アセアンの最新規制情報を発信しています。

配信をご希望の方はこちらからメールアドレスをご登録ください。

 

<イメージ>

スクリーンショット 0031-04-23 午後5.46.36.png

中国 NMPA申請向け外国での立会い試験開始

カテゴリ: 中国 作成日:2019年04月17日(水)

中国NMPA申請に向けた試験では、外国メーカーの登録申請においては中国国内の指定された試験所での試験実施が求められます。

 

この度弊社では外国での立会い試験として、永久据え置き型・腫瘍の治療装置に対する立会い試験をアレンジいたしました。

 

約2週間の期間で安全、EMC、性能試験を実施いたします。

今週より中国試験所の試験官、弊社北京オフィスのスタッフが製造メーカー様の工場を訪問し試験をスタートしています。

 

特定の条件を満たす製品・装置のみ、外国での試験が認められ、その試験レポートを使ってNMPAへ申請が可能です。

弊社では既に欧州のメーカー様でも立会い試験の実績がございます。

 

大型の装置は測定項目が多かったり、操作が煩雑であったり、試験準備に時間がかかったりと試験期間が長期化する傾向があります。

審査途中で再試験が求められると更に時間がかかります。

 

この点でも、立会い試験のメリットも大きいものがございますので、立会い試験が出来るのか確認したい、又は将来検討されたい企業様はお気軽にお問い合わせくださいませ。

台湾 TFDA医療機器の申請関連費用改定を延期へ

カテゴリ: 台湾 作成日:2019年04月11日(木)

昨年9月にご案内いたしましたTFDAへ支払う申請関連費用の見直し(費用アップ)について、延期するとTFDAから連絡がありました。

 

時期は未定ですが、見直しは継続して検討を進めています。

香港 規制強制化について

カテゴリ: 香港 作成日:2019年04月03日(水)

既に香港MDCOよりリリースされていますが、年末から年明けにかけて規制強制化の流れが一段と加速しています。

 

弊社のこれまでの経験では製品登録申請後に審査員から1回目の照会事項が出るまで4〜6ヶ月**程時間がかかっています。

**製品のリスクによって前後します。

 

現状、申請から登録まで約1年をプロジェクト納期として進めていますが、強制日決定後は申請が一気に増える為、早めの準備が必要です。

EU 欧州代理人 新規・変更契約の流れと注意点

カテゴリ: EU 欧州連合 作成日:2019年03月23日(土)

欧州代理人契約・変更時の注意点:

 

1. 欧州代理人引受けの審査(テクニカルファイル等)後でないと正式に欧州代理人としての活動は開始出来ない。

代理人による審査には最低4週間前後の時間が必要。

引受をお断りすることがある。

 

2. ノーティファイドボディによる審査、認証書発行に数ヶ月時間がかかる可能性がある。

 

3. 代理人変更の場合、既存の代理人との契約書失効日から起算し半年から3ヶ月前には手続きを開始する。

CE対象製品が多い場合、新代理人による審査に時間がかかる為、更に準備期間を長く見積もる必要がある。

 

EAR.pdf

 

 

 0031 03 23 午前9.18.47

中国 NMPA登録試験に向けたGB規格等の国内試験実施

カテゴリ: 中国 作成日:2019年03月02日(土)

中国NMPA登録申請には、現地の認められた試験所での試験(主に安全、EMC、性能)が求められます。

 

中国は安全、EMCともに国際規格の旧版での評価・試験を求めており、欧州対応等で最新規格で試験を実施されている企業様にとって、申請機器の適合性は気になるポイントとなっています。

国際規格と整合したGB規格以外に国家規格YY等も適用される場合、申請機器の設計等が適合するかも出来るだけ早く知っておくべき重要なポイントです。

 

この度、SGSジャパンが中国NMPA申請に向けたGB規格等を国内で事前評価、試験**を実施出来るサービスを開始されました。

また、SGSジャパンの国内試験所は医療機器規格の試験業務に力を入れており、既に下記の範囲で認定を取得しています。

 

1. IAS/ILAC MRA

https://www.iasonline.org/wp-content/uploads/2017/06/TL-761-Scope.pdf

※JIS規格に対する英文試験報告書発行も可能

 

2. CB認証

https://www.sgsgroup.jp/ja-jp/news/2017/11/safetylaboratoryieceecbtlnov2017

※最新の認定範囲はIECEEのホームページでご確認ください。

3. NRTLプログラム

https://www.osha.gov/dts/otpca/nrtl/sgs.html

 

お問い合わせは このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 または このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。まで。

 

**NMPA登録の試験ではございません。

 

※NMPA:National Medical Products Administration

http://www.nmpa.gov.cn/WS04/CL2044/

中国 NMPA電気医療機器に対する現地試験の工数・費用について

カテゴリ: 中国 作成日:2019年02月19日(火)

現在、多くの国内企業様はIEC60601-1第三版の試験報告書のみをお持ちです。

 

ただ、中国への製品登録申請で求められる規格はIECの第二版ベースとなっています。

 

第三版の試験報告書のみをお持ちの企業様の現地試験では、試験工数が多くなり試験費用も高くなります。

試験所へ試験を申し込む際、申込書に下記のようなチェック項目があります。

 

□二版のレポート有り

□三版のレポート有り

 

既にIEC第二版ベースの試験を実施される企業様は多くないかもしれませんが、二版の試験報告書があれば中国ではまだ活用できます。

台湾 TFDA回収関連の情報リンク

カテゴリ: 台湾 作成日:2019年02月13日(水)

台湾TFDAのサイトにて「安全と品質に関する警告」が下記のリンクからご確認いただけます。

 

https://www.fda.gov.tw/TC/siteList.aspx?sid=4275

 

スクリーンショット 0031-02-13 午後6.05.40.png

タイ 医療機器関連商談会2019開催のご案内

カテゴリ: お知らせ 作成日:2019年01月25日(金)

来たる2019年2月19日、アットビジネスセンター大阪本町にてタイ医療機器関連商談会2019が開催されます。

 

タイの医療機器関連企業と直接商談出来る貴重な機会です。

来日企業とその取引希望内容をご確認の上、お申し込みください。

 

<申込書PDF>

http://www2.ibpcosaka.or.jp/event/2018/thailand0219_annai.pdf

 

 

ベトナム 保健省によるクラスB、C、D品の取り扱い発表について

カテゴリ: ベトナム 作成日:2019年01月08日(火)

昨年末を製品登録強制の期限として進めていましたベトナムMoHは、昨日正式にその延期と取り扱いについて発表しました。

 

下記が最新のクラス分類毎の取り扱いとなります。

 

Class A

Class B

Class C

Class D

Mandatory registration

Product listed in Annex of Circular 30

1.Must apply import license, valid until 12/31/2019

※Import license with validity until 12/31/2018 will be automatically extended until 12/31/2019

Product NOT listed in Annex of Circular 30

1. Allowed to import w/o import license

2. Need to show classification result when importing

Qualtech can support for the classification inquiry with MoH.