最新ニュース - クアルテックジャパンコンサルティング株式会社

医療機器の法規制対応はクアルテックジャパンコンサルティング 

NMPA, TFDA, HSA, MDA, MDD, PFDA, MOH, Thai FDA, CE mark

〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀3丁目9-21 理工ビル

TEL&FAX 06-6568-9551

メールでのご連絡はこちら

fb ld

最新ニュース LATEST NEWS

フィリピン 新型コロナウイルス対策の影響について

カテゴリ: フィリピン 作成日:2020年03月17日(火)

昨日、大統領は3/17/2020から4/13/2020までの間、コロナウイルスの対策としてルソン島全域を検疫対象とすることを発表しました。

 

ルソン島は8つの地域、38の州、71の都市からなりクアルテック・マニラオフィスのあるMakati市、PFDAの拠点であるAlabangもその対象となります。

 

この影響により、PFDAへの製品登録申請や照会事項への回答に遅れなどが発生する可能性がございます。

弊社では皆様のプロジェクトへの影響を最小限に抑えるよう各地域のメンバーとも協力し対応を進めております。

 

20200316-MEMORANDUM-FROM-ES-RRD.pdf

フィリピン 新規制 PFDA Circular 2020-001が本日より施行

カテゴリ: フィリピン 作成日:2020年03月13日(金)

フィリピンFDAは PFDA Circular 2020-001に基づく「DOH AO 2018-0002」を正式に開始します。

 

新規制では、段階的な導入(Phase 1 から4)が予定されており、本日からPhase 1がスタートします。

 

Phase 1では、AMDD(アセアンMDD)に基づくクラス分類が採用されますが、現行の Registable (CPR) と Non-Registable (COE)に分類される医療機器それぞれに分けて対応を判断する必要があります。

 

<Circular No. 2020-001の詳細>

FDA-CIRCULAR-NO.2020-001.pdf

フィリピン 一般医療機器の登録に関する新規制強制化の延期について

カテゴリ: フィリピン 作成日:2019年05月15日(水)

 昨年フィリピンFDA(PFDA)が発表したAO-2018-002に基づく一般医療機器の新登録規制は、当初本年3月となっていました。

 

現在、3月から延期となっており、PFDAとの面談の中では2019年度中に確実に実施することは口頭で確認できておりますが、開始月については未定となっています。

※直近の情報では2019年中旬頃と聞いておりますが、PFDAの正式な発表を待つ必要がございます。

 

弊社でも最新ニュースやニュースレター等で情報を発信して参ります。

フィリピン PFDAによる新規制を見据えた対応

カテゴリ: フィリピン 作成日:2018年11月13日(火)

フィリピンPFDAによると、審査段階にある80,000件程度の申請について、4,000件程度の申請案件の処理(登録、又は却下)が完了したと報告しています。

 

PFDA当局は、今後“迷惑な申請”が慢性化されないよう規制・要求事項を更に強化します。

その強化策の一つとして、一定期間中に必要な資料・情報を提出出来ない製造業者の申請を自動的に却下します。

 

PFDAはこの強化策によってより短期間での審査・登録が可能になることを目指しています。

(インドネシアのように、完成度の高い申請書作成が短期間での登録実現に必要不可欠となります)

 

詳細は弊社のニュースレターでもご案内いたします。

ニュースレターをご希望の方はこちらからお申し込みください。

フィリピン PFDAはAMDDを2019年3月から正式に受け入れることを発表

カテゴリ: フィリピン 作成日:2018年02月27日(火)

フィリピン当局、PFDAのホームページでは正式に発表されていませんが、来年の3月よりAMDD(アセアンMDD)を受入となった情報を入手しました。

 

CSDT様式やABCDのクラス分類制度等の採用により、現行の許可制度からの移行等、弊社フィリピンオフィスの担当にて確認を進めております。