最新ニュース - クアルテックジャパンコンサルティング株式会社

医療機器の法規制対応はクアルテックジャパンコンサルティング 

CFDA, TFDA, HSA, MDA, MDCO, PFDA, MOH, Thai FDA, CE mark

〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目12-19

TEL&FAX 06-6568-9551

info@qualtech.co.jp

fb ld

最新ニュース LATEST NEWS

中国 ドラフト版のUDIシステムを発表

カテゴリ: 中国 作成日:2018年03月09日(金)

中国CFDAは2018年2月の最終週にUDIシステムを発表し、現在、4月末までパブリックコメントを受け付けています。

 

ドラフト版は5つの章で構成され各章の概要は以下となります。

 

第1章:目的、適用範囲、UDIの定義、CFDAの関連する責任の明確化(中国国内のすべての医療機器に適用)

第2章:UDIの定義、構造、基本原理、および要件
第3章:UDIキャリアの定義と要件

第4章:UDIデータベースの内容と要件
第5章:追加情報

 

製品登録または変更承認後、30営業日以内に製品IDおよびその他の関連データをUDIデータベースにアップロードするものとしています。

香港 医療機器管理事務所(MDCO)IVD機器の例を発表(2018/2/28更新)

カテゴリ: 香港 作成日:2018年03月05日(月)

香港MDCO 医療機器管理事務所は各リスク分類におけるIVD機器の代表例を更新しました。

 

香港におけるIVD機器はリスク分類AからDまでとなっています。

 

 

 

Classified Examples of In Vitro Diagnostic Medical Devices

 

香港 欧州(98/79/EC)
Risk Class A Other IVDに近い

Risk Class B  

自己検査用IVDに近い
Risk Class C List A, List B混合
Risk Class D

 

香港MDCOに対する製品登録、現地法定代理人はクアルテックにお任せください。

フィリピン PFDAはAMDDを2019年3月から正式に受け入れることを発表

カテゴリ: フィリピン 作成日:2018年02月27日(火)

フィリピン当局、PFDAのホームページでは正式に発表されていませんが、来年の3月よりAMDD(アセアンMDD)を受入となった情報を入手しました。

 

CSDT様式やABCDのクラス分類制度等の採用により、現行の許可制度からの移行等、弊社フィリピンオフィスの担当にて確認を進めております。

 

本日締切(Web申込) ASEAN医療機器CEO商談会&セミナー  同時開催:台湾医療機器CEO商談会&セミナー

カテゴリ: セミナー・勉強会 作成日:2018年02月27日(火)
中小機構様主題、インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナム、台湾の医療機器製造、輸入販売業者 42社の経営者、海外医療機器協会等との商談会のWEBでの締切が本日正午となっています。
 
※電話での申込みは受付されています。
 
場所:東京TKPガーデンシティ品川
日程:3月15日(木)商談会、セミナー、交流会
   3月16日(金)商談会
 
参加は無料です。42社の企業情報等はWebで確認が可能です。

マレーシア  MDAのホームページにList of Medical Device Registration Certificates Ready for Collectionが掲載されました

カテゴリ: マレーシア 作成日:2018年02月20日(火)

現在マレーシアMDAのホームページではRegistration Certificateの受取リストが発表されています。

 

弊社のマレーシアオフィス、QUALTEK CONSULTING SDN. BHD.申請分もリストに含まれています。

30日以内に受取しない場合、自動的に破棄され再度新規申請扱いとなるようですので注意が必要です。

 

http://www.mdb.gov.my/mdb/index2.php?option=com_docman&task=doc_view&gid=737&Itemid=59

 

GENERAL MEDICAL DEVICE:        1718件

IN VITRO DIAGNOSTIC MEDICAL DEVICE: 413件

CLASS A MEDICAL DEVICE:       511件

台湾 QSD、製品登録相談会@MEDTEC Japan 2018のお知らせ

カテゴリ: お知らせ 作成日:2018年02月19日(月)

来る2018年4月18日から開催されるMEDTEC Japan 2018では、弊社の台湾本社より台湾TFDA申請の責任者が来日いたします。

 

台湾TFDA申請関連でお困りの事やご質問など直接ご相談が可能です!

 

事前に打合せ時間の設定も可能ですので、候補の日時をご連絡ください。

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

展示会案内はこちらから ↓

http://www.qualtech.co.jp/news/84-notice/351-medtec-japan-2018.html

 

MEDTEC2018 bunner 2 J high

 

 

中国 CFDA登録「更新」申請書の提出期限

カテゴリ: 中国 作成日:2018年02月16日(金)

中国における製品登録(Product Registration)の有効期間は4年となっています。

 

弊社では新規登録のみならず、更新申請のサポートも実施しておりますが、何ヶ月前から更新申請の準備が必要か?というご質問には最低1年前、出来れば1年半前(休暇等のタイミングを考慮した場合)とお伝えしています。

 

下記はCFDAの英語のサイトにあるRegulatory Guideのページに記載されている更新に関する情報です。

 

製造業者は有効期限が切れる6ヶ月前までに更新申請書類を提出しなければなりません。

よって、更新申請用資料の準備に6ヶ月必要であれば、1年前から準備をスタートしなければ間に合いません。

更新のタイミングでラベルの変更が求められたり、様々なサプライズを避ける目的でも早め早めの準備をお勧めいたします。

 

XIII. License validity and renewal:
Medical device registration certificate is valid for four years. Upon expiry of Medical Device Registration Certificate, if the sales or use of medical devices are still necessary, the manufacturer shall apply for renew of registration within six months before the valid date. If the manufacturer failed to do so, registration testing shall be required for renew of registration.

マレーシア MDAによる医療機器のラベリングに関するガイダンス文書

カテゴリ: マレーシア 作成日:2018年02月07日(水)

2018年1月に第二版としてガイダンス文書(MDA/GD/0026)が出ています。

 

ガイダンス文書はこちら

 

具体的には4項から要求事項が記載されており、下記はその一部となります。

4.1 一般要求

4.5 ラベリングの場所

4.6 フォーマット(シンボルの使用など)

4.7 言語

4.8 ラベリングの内容

4.10 IFU(取説)

4.11 IVD(体外診断用医療機器)

 

ラベリングの変更は非常に大きなインパクトがあります。新規申請や更新申請時に急遽見直しとならないよう、早めの確認を進めていただけたらと思います。

<<<弊社は2018年4月18日から東京ビッグサイトで開催されるMedtec Japan 2018に出展いたします。>>>

OMETA デンマーク大使館共催 医療機器規制セミナーのご案内 2018/3/1

カテゴリ: セミナー・勉強会 作成日:2018年02月07日(水)

来る2018年3月1日(木)、TKP新大阪ビジネスセンターにてOMETA デンマーク大使館共催セミナーが開催されます。

 

3月1日デンマーク大使館共催セミナー案内.pdf

 

弊社よりインドネシアにおけるIPAKが対応する輸入続きとIPAK変更時の注意点についてお話させていただきます。

 

※セミナー資料 2018.3.1_OMETA_デンマーク大使館共催セミナー.pdf

ASEAN医療機器CEO商談会&セミナー、台湾医療機器CEO商談会&セミナーが開催されます

カテゴリ: セミナー・勉強会 作成日:2018年02月06日(火)

来る2018年3月15日、16日の2日間、中小機構様主催、東京TKPガーデンシティ品川にてインドネシア、マレーシア、タイ、ベトナム、台湾の医療機器製造、輸入販売事業者 合計42社を招いての商談会が開催されます。

 

事前予約制で締切もありますので、ご興味のある企業様は早めにお申込みをお願いいたします。

 

詳細は下記にてご確認ください。

 

応募方法:以下のウェブサイトにて受付致します。      

http://www.smrj.go.jp/ceo/2018asean/