フィリピン PFDAによる新規制を見据えた対応 - クアルテックジャパンコンサルティング株式会社

医療機器の法規制対応はクアルテックジャパンコンサルティング 

NMPA, TFDA, HSA, MDA, MDD, PFDA, MOH, Thai FDA, CE mark

〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀3丁目9-21 理工ビル

TEL&FAX 06-6568-9551

inquiry@qualtech.co.jp

fb ld

最新ニュース LATEST NEWS

最新ニュース

フィリピン PFDAによる新規制を見据えた対応

カテゴリ: フィリピン 作成日:2018年11月13日(火)

フィリピンPFDAによると、審査段階にある80,000件程度の申請について、4,000件程度の申請案件の処理(登録、又は却下)が完了したと報告しています。

 

PFDA当局は、今後“迷惑な申請”が慢性化されないよう規制・要求事項を更に強化します。

その強化策の一つとして、一定期間中に必要な資料・情報を提出出来ない製造業者の申請を自動的に却下します。

 

PFDAはこの強化策によってより短期間での審査・登録が可能になることを目指しています。

(インドネシアのように、完成度の高い申請書作成が短期間での登録実現に必要不可欠となります)

 

詳細は弊社のニュースレターでもご案内いたします。

ニュースレターをご希望の方はこちらからお申し込みください。