ベトナム 保健省はクラスB、C、D品の製品登録を2019年1月1日以降強制へ - クアルテックジャパンコンサルティング株式会社

医療機器の法規制対応はクアルテックジャパンコンサルティング 

NMPA, TFDA, HSA, MDA, MDD, PFDA, MOH, Thai FDA, CE mark

〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀3丁目9-21 理工ビル

TEL&FAX 06-6568-9551

inquiry@qualtech.co.jp

fb ld

最新ニュース LATEST NEWS

最新ニュース

ベトナム 保健省はクラスB、C、D品の製品登録を2019年1月1日以降強制へ

カテゴリ: ベトナム 作成日:2018年01月04日(木)

弊社は年末にベトナムMoH(保健省)へコンタクトし、新規制の強制化が2019年1月以降に延期となることを確認いたしました。

 

MoHの通知原文

 

これはクラスB、C、Dに分類される医療機器に対し、旧の規制(Decree No.30)を2018年12月31日まで適用可=現行の輸入ライセンスで輸入可能となります。

 

クラスB、C、D品の申請受付時期が遅れていましたので、1年の猶予が設定されました。

クラスC、Dは今月から受付開始(オンライン)となります。

 

クアルテックはベトナムオフィスを開設し製品登録サービスを開始いたしました。

アジア、アセアン市場へのマーケット・アクセスは実績と経験のクアルテックまでお気軽にお問い合わせ下さい。