マレーシア MDAは 非矯正コンタクトレンズを2018年1月1日より医療機器として取り扱う - クアルテックジャパンコンサルティング株式会社

医療機器の法規制対応はクアルテックジャパンコンサルティング 

CFDA, TFDA, HSA, MDA, MDCO, PFDA, MOH, Thai FDA, CE mark

〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目12-19

TEL&FAX 06-6568-9551

info@qualtech.co.jp

fb ld

最新ニュース LATEST NEWS

最新ニュース

マレーシア MDAは 非矯正コンタクトレンズを2018年1月1日より医療機器として取り扱う

カテゴリ: マレーシア 作成日:2017年11月17日(金)

マレーシアの医療機器規制当局 MDA(Medical Device Authority)は非矯正コンタクトレンズを医療機器として取り扱うことを決定しました。

 

登録に関する重要なポイントは下記の2点となります。

 

1)強制日までに輸入・輸出・市場へ出荷した事業者は強制日から6ヶ月以内に登録申請をすること

2)非矯正コンタクトレンズの登録申請を実施した事業者は輸入・輸出・市場への出荷を継続できること

 

※マレーシアMDA当局のリンクはこちら

(英語の本文は4ページ目以降です)

 

※ご参考まで、アメリカFDAのDecorative, Non-correntive Contact Lensに関する文書のリンクはこちら