中国 NMPA電気医療機器に対する現地試験の工数・費用について - クアルテックジャパンコンサルティング株式会社

医療機器の法規制対応はクアルテックジャパンコンサルティング 

CFDA, TFDA, HSA, MDA, MDCO, PFDA, MOH, Thai FDA, CE mark

〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目12-19

TEL&FAX 06-6568-9551

info@qualtech.co.jp

fb ld

最新ニュース LATEST NEWS

最新ニュース

中国 NMPA電気医療機器に対する現地試験の工数・費用について

カテゴリ: 中国 作成日:2019年02月19日(火)

現在、多くの国内企業様はIEC60601-1第三版の試験報告書のみをお持ちです。

 

ただ、中国への製品登録申請で求められる規格はIECの第二版ベースとなっています。

 

第三版の試験報告書のみをお持ちの企業様の現地試験では、試験工数が多くなり試験費用も高くなります。

試験所へ試験を申し込む際、申込書に下記のようなチェック項目があります。

 

□二版のレポート有り

□三版のレポート有り

 

既にIEC第二版ベースの試験を実施される企業様は多くないかもしれませんが、二版の試験報告書があれば中国ではまだ活用できます。